ホームへ
HOME>羊毛断熱材サーモウール>性能詳細

 

性能詳細

羊毛断熱材サーモウールとは木造・鉄骨、RC造まで使える「空気環境改善断熱材」です。



羊毛断熱材サーモウールはバージンウールと医療用ポリエステルを原料に、独自の製法でふんわり仕上げられた「空気環境改善断熱材」です。屋外の環境に左右されないよう断熱を行う傍ら、様々な役割を果たすマルチ断熱材です。
屋内の湿度を適正に保ち、生活臭を除去。また、ホルムアルデヒドなども除去し、吸音して騒音や音漏れも解消します。
気になる安全面もお墨付き。寝具やジャケット中綿にも実際に使われています。また、製品に対する自信と責任の証として瑕疵補償も付属。多くのお施主様や工務店様、はたまた衣料品業界やオーディオ業界の方々などなど、多岐にわたる業種・関係者の皆様から高い支持を頂けています。

光熱費が安くなる


人が暮らす場所で消費電力の多くはエアコンによるものです。つまりエアコンの使用量を減らせば光熱費は自ずと安くなります。では、エアコンを使う場面を思い浮かべて下さい。それは、暑い時と寒い時、そして湿気が多い時です。 サーモウールはこの寒暖の差と過湿の両方に対処できる数少ない断熱材の一つです。






光熱費を下げる高い断熱性能



光熱費を抑えるエッセンスの一つが断熱性能。サーモウールは標準的な断熱性能から非常に高い断熱性能物までを目的別にランナップしています。 断熱材は使用する地域や目的によって使い分けるものです。サーモウールはご希望に応じられるようたくさんの種類があります。こちらからご確認いただけます。


光熱費を下げる快適湿度性能



後述いたしますが、サーモウールは屋内の湿度が高くなりすぎないように機能するよう作られています。これにより屋内の湿度は、当然諸条件あるにせよ平均湿度約50%をキープします。 これらの働きにより、屋内が暑すぎず、寒すぎず、そして蒸し暑くならないのでエアコンの使用率が大幅に減り、結果年間を通して光熱費が安くなります。

結露等の湿度問題を解決


夏はジメジメに悩まされ、冬場は結露の不潔感に嫌な思いをし、過乾燥で喉が痛くなったりします。これを解決するにはやはりエアコンや加湿器に頼らざるを得ません。 このような状況では、前述のようにどうしても光熱費がかさんでしまいます。
そして、前述の通りですが、当該断熱材サーモウールにはこれら湿度問題を解決すべく「快適湿度性能」がプリセットされています。
サーモウールは屋内の湿度を人が最も快適に感じる湿度である平均湿度50%をキープしようと働きます。ですから、例えば夏のジメジメ時には湿度を下げ、冬場カラカラ時には湿度を挙げてくれます。また、季節に関わらず、お風呂の湯気や料理の際の湿気により室内の湿度が50%より高くなればどんどん湿度を調節します。
逆に、屋内の湿度が季節的な理由等で50%を下回ると、断熱材内部に水そのものではなく、水分子としてストックしておいた水分を放出し(詳細後述)屋内の湿度を快適な状態に戻そうとしてくれます。
つまり、その湿度の調節効果により例えば「鍋」をやった時でも、窓ガラス等の結露も抑えられます。もちろん、様々な条件下での使用が考えられるので100%という事は言えませんが、2017年現在まででご使用者様から結露が出たというお声はいただいておりません。




屋外と屋内 湿度の違い

下のグラフはほんの一例ですが、日本の寒冷地にて実際に湿度変化を計測したデータです。5日間、3時間おきに屋外と室内の湿度を計測しましたが、特に湿度の変化が激しい冬場においても、サーモウールが室内の湿度を一定に保っていることがお分かり頂けると思います。

従来の断熱材との湿度調整能力の違い

また、下記グラフは、従来の代表的な断熱材(グラスウール)との湿度調整機能の比較グラフです。耐震住宅ではありませんが、一度湿度を調節したら終わりでは話になりません。繰り返し湿気を与えられても一生懸命湿度を調節しようとするサーモウールの働きが見て取れます。

快適湿度性能のカラクリ


サーモウールは「バージンウール」と「医療用ホローポリエステル」の2つの繊維から製造されています。この2者を編込むように絡め、分厚く柔らかい羽毛布団のように仕上げられています。 単純そうに聞こえると思いますが、実は非常に長い研究時間と高度な技術により作られています。

 

①なぜウールとポリエステルなのか?
ウールの凄い能力。

自然の中で進化した羊毛の恩恵にあずかる ウールにはそもそも自分の周りの湿度を50%くらいに保とうとする働きがあります。 シャンプーのCM等でご覧になる機会もあるかと思いますが、人間の髪の毛と同じように羊毛にも「キューティクル」があります。羊毛の場合はスケールと称しますが、湿度状況で開いたり閉じたります。人間の場合でも雨の日に髪の毛がぼわっとなるはキューティクルが開いているためです。
ウールも毛自体の周りの湿気が高くなるとスケールを開いて湿気を吸い込みます。これにより羊自身も快適に自前のセーターを着ていられるのかと納得します。 また、面白いのは、ラクダのこぶのように吸い込んだ湿気は毛の中に保存されていて、周りの湿度が下がるとスケールを開いて放出されます。寒くて乾燥した屋外でも、彼らはそれなりに快適に過ごしているのでしょう。

※湿気を吸い込んだ「羊毛が濡れるという誤解」が生じそうですが、吸湿による表面の濡れは発生しません。当然、水そのものをかければ濡れはしますが、正常な使い方では濡れません。吸湿による水分のストック作用は「結合水」という分子レベルでの吸収作業です。水を液体の状態でストックするのではなく、分子状態で保存するため、表面が物理的に濡れることはありません。 この羊毛の湿度調整機能利用しているのがサーモウールの肝です。


バージンウールをラーバニルで防虫処理

サーモウールにはニュージーランドの羊の毛を使用。羊は普通に動物なので、当然ですが自分の毛の質につて考えて行動しません。座ったり、こすったり、かいたりして傷んでしまう毛が多い中、最も痛みの少ない部分の羊毛を選んで使用しています。余談ですが、羊の毛を刈る時羊を殺すと思っている方がおられるようですが、それはありませんので、ご安心ください。
また、どうしても防虫処理が必要ですが、せっかくの安全な天然素材。防虫も厳選し、断熱材内の昆虫にだけに効く「ラーバニル」という防虫剤を使用していますので、人にも犬猫にも安心です。ラーバニル詳細 >

②人類発、医療用ホローポリエステルの威力

ただ羊さんの体だけを快適な湿度にするのなら良いのですが、住宅全体となると問題があります。それは湿度調整の射程範囲です。前述の通り羊毛はそれ自体の周りしか湿度調整ができません。壁の中だけ湿度調整すればよいというのであればウール100%でもよいのですが、壁に囲まれている屋内にもその効果を広げなければあまり意味がありません。
そこで登場するのが、医療用ホローポリエステルです。人工肺などにも使われているもので、見た目は細いただの繊維ですが、実はストローのように中空構造になっています。極細の繊維が中空構造というだけでも人類の技術の素晴らしさを感じますが、すごいのはこの形状から生まれる効果です。 このポリエステルには「空気を移動させる効果」があります。もっと言いますと「湿度の高い方から、湿度の低い方に空気を移動させる効果」があります。いわゆる毛細管現象のような自然現象と同じカテゴリとお考え頂ければ大丈夫です。 つまり、まるで換気扇のように湿度変化をきっかけに空気を移動させてしまうのがこの医療用ホローポリエステルなのです。

③編込むことで生まれる相乗効果

もうお分かりかと思いますが、ウールの湿度調整機能(湿度が高いとそれを吸う・低い時は吐き出すという機能)を、医療用ホローポリエステルの機能(湿気の多い方から少ない方へ空気そのものを移動させる機能)で広範囲に広げてしまう。それがサーモウールの効果の心臓部です。




この相乗効果は空気と触れ合っていることで自然に発生しますが、繊維同士が密集しすぎていると半減してしまいます。つまり、繊維の中を空気が行き来できる状態にしなければなりません。そこで、編込み方法にも時間とお金を費やし、布団や衣服の中綿にまで使われるほどふわふわに編込むことに成功しました。しかも接着剤や溶着をしてしまうと、有害になることから、「水」と「空気」しか使わずふわふわを実現。本来の安全性も継続しました。サーモウールが断熱材としては珍しいほどふわふわしているのはこの相乗効果を最大限に引き出すための発明です。(特許技術 「3次元編込み製法」)

 

④バージンウール+医療用ホローポリエステル+3次元編込み製法=湿度問題の解決性能

長くなりましたが、以上の3機能が三位一体となり、サーモウールの機能が実現しています。
つまり、ウールの湿度調整機能とホローポリエステルの湿度移動機能、そして空気をたっぷり含むことのできる「3次元編込み製法」の3つのエッセンスが一つとなり、高い調湿性能を生み出しています。この三位一体効果も特許技術VFS(ベーパー・フロー・システム)として登録されています。

また、実はこの三位一体性能が後述の消臭機能にも大きく関わってきます。

生活臭を解決

多岐に渡る生活臭を除去

羊毛には元来優秀な消臭機能が備わっており、様々なニオイの元となる物質を分解します。その機能を活用して生活臭を除去できるのがサーモウールです。
とはいえ、人が暮らす環境では様々な生活臭が発生します。タバコ、ペット、加齢臭、汗臭、食後のニオイなど、ぜひ臭ってほしくないものがたくさんありますが、サーモウールはこれらの主だった生活臭のほとんどを消臭します。

ニオイの原因物質から分解除去

様々な嫌なニオイには、それぞれに原因となる物質が存在します。消臭するにはその原因物質を分解してしまうことが最も有効な手段です。しかも、諸条件によりますが、おおむね数時間、長くても1日で下記のような生活臭の原因物質を消し去ることができます。

シックハウス症候群の原因物質も除去

室内の微量な汚染化学物質に敏感に反応して、集中力の低下、不眠、視力障害、だるさ、頭痛、関節痛、咽頭痛、筋肉痛、微熱、腹痛など極めて多くの症状を示す人がいることが多く報告されるようになり、これを総称してシックハウス症候群と呼んでいます。
サーモウールは羊毛の持つこれら有害物質の分解除去作用をそのまま活かし、ニオイの他に、シックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」等の揮発性有機化合物、いわゆるVOCも強力に除去します。


消臭・VOCが除去できるカラクリ

サーモウールが消臭できるのは、前述いたしました「三位一体の効果」によるものです。室内を快適湿度に保つため、ウールとポリエステルの働きにより湿気を移動させますが、臭い成分はやVOCは水分に張り付く性質があります。ですから、そもそも消臭機能の備わった羊毛内に水分と共に引き込まれれば、自ずと臭い成分やVOCは分解されてしまいます。
これが、サーモウールの消臭効果のカラクリです。



※上図では表現しきれませんが、限定的な条件、例えば季節的な湿度変化だけに限らず住宅内では生活活動の影響や、わずかな気象変化によっても湿度は常に変化していますので、そういった際にも湿度調整と消臭とVOC分解が行われています。だから、サーモウールの家はいつも爽やかな状態に保たれます。

騒音・音漏れを解決

気遣いの少ない暮らしに

空気をたくさん含むサーモウールは、制振作用によって確実に振動を抑え、今まで困難だった木造住宅での上階と下階の音漏れを著しく低減します。また、外からの雨音や車の音などの騒音にも効果的です。プライベートな空間でも、高品位なリラクゼーションを提供する「ナチュラルな吸音」。自然素材生まれならではの、やさしくも非常に効果の高い吸音性能は、オーディオルーム、スピーカーなどの音響分野や、産業用途の吸音目的でも高い評価を得ています。
また、従来の吸音材に対し、サーモウールはグラフに示すように広い周波数を均一に吸音します。これはちょうど広い空間で音を聞く状態と似ています。 だからサーモウールを施工すると、まるで森の中にいるような、ナチュラルな静寂に包まれます。

オーディオ・ビジュアル業界からの信頼

映像やサウンド、ホームシアターライフのクオリティを認められた製品だけが受賞する「ホームシアターグランプリ」。ユーザーの製品選びの指針となるこの賞を「サーモウール」は獲得し、オーディオ・ビジュアルの世界から信頼を集めています。

万一の際の補償付き「あんしん補償」


「あんしん補償」とは?

お客様のサーモウールによる万が一のトラブルのときに、優良施工店施工物件はもちろん、一般の施工物件も幅広く補償する、「あんしんして使える」コスモプロジェクト独自の画期的な瑕疵※1補償制度です。

■ 一般あんしん補償
補償対象製品:サーモウール
補償期間:10年間(保証書発行日より)
補償額:最大1,000万円(1回のみ/物件)※2
補償範囲:対象製品の瑕疵により建物に補修を必要とするような損害の発生が客観的に認められる場合(当社製品の瑕疵により当社が法律上の賠償責任を負う場合)に当初の状態に戻すための修理費用または再工事費用を補償します。
諸条件:1.当社施工要領に適合した施工を行っていること。 施工要領について【施工方法】>>
2.当社ホームページの補償申込書を建物の引渡し日までに提出していること。(Eメールでのやり取りを基本とする)

■ 優良あんしん補償
補償対象製品:サーモウール
補償 間:50年間(保証書発行日より)
補償額:最大3,000万円(1回のみ/物件)※3
補償範囲:対象製品の瑕疵により建物に補修を必要とするような損害の発生が客観的に認められる場合(当社製品の瑕疵により当社が法律上の賠償責任を負う場合)に当初の状態に戻すための修理費用または再工事費用を補償します。
諸条件:1.優良施工技術士・優良施工店による施工物件。
2.当社所定のあんしん補償申込書を建物の引渡し日から2週間以内※4までに提出していること。
*「サーモウールの会」会員様が退会される場合は、優良施工店等の資格保有に関する注意事項がございます。
注意事項はこちら>>

※1 瑕疵:①きず。欠点。また、過失。 ②法律上、なんらかの欠点や欠陥のあること。 ※2サーモウール交換費用を除く。 ※3サーモウール交換費用は別途補償(実損額:最大200万円まで) 【補償範囲・適用条件についてはお問い合わせください。】

「あんしん補償」申請の流れ

お客様のサーモウールによる万が一のトラブルのときに、優良施工店施工物件はもちろん、一般の施工物件も幅広く補償する、「あんしんして使える」コスモプロジェクト独自の画期的な瑕疵※1補償制度です。

■ 一般あんしん補償

  1. 「一般あんしん補償申込書」PDFをダウンロード   ダウンロードはこちら>>

  2. 申込書に必要事項を記入
    ※建物の引き渡し日が確定している場合は引き渡し日を、
    未確定の場合は引き渡し月などおおよその予定をご記入ください。 
    ※印鑑のないものは申請の受付ができませんのでご注意ください。

  3. 申込書と施工部位の写真(全景とアップ)を下記宛てにメールで送信(Eメールでのやり取りを基本とします)
    送信先 / info@cosmo-project.co.jp

    ※写真データの容量が10MBを超える場合はメールでの一括送信はご遠慮ください。
    分割してお送りいただくか、WEBの無料転送サービスなどをご利用ください。
    ※申込期限は建物のお引き渡し日までとなっております。
    申請期限を過ぎた物件は補償対象外となりますので、ご注意ください。

    ※申込書をスキャナーで取り込むなどのデータ化ができない場合に限り、郵送での申請も承ります。
    送付先 / 〒832-0089 福岡県柳川市田脇 339-3
    株式会社コスモプロジェクト 福岡支社

  4. 申請書類の内容を確認し、承認の場合は保証書(PDF)をメールにて発行
    ※施工不備や申請書類不足(施工写真)、及び記入漏れなどの不備がある場合は保証書の発行は致しかねます。
    その際はメールにてご案内いたします。
    また、申請をして保証書もしくは不承認のご案内が2週間経過しても届かない場合は、お手数ですが弊社までご連絡ください。

■ 優良あんしん補償

【施工業者様にお願い】ご存知の通り断熱材は正しい施工が絶対条件の建材の一つです。隙間やたるみ、シワのできないように施工をお願いいたします。また、サーモウールはガラスや石綿のような危険性・毒性はありません。また、吹付け系のような吸引危険性もありません。布団綿と同じような扱いができますので、じっくり手間をかけて弊社規定の施工方法(断熱材の基本的な施工)をお願いします。

お問い合わせ/ご注文

03-5909-3218


株式会社コスモプロジェクト

東京本社:東京都新宿区西新宿6-15-1セントラルパークタワー3317
長野支社:長野県諏訪郡富士見町立沢1-554
福岡支社・工場:福岡県柳川市田脇339-3




Copyright © 2017 COSMO PROJECT. All right reserved.
Copyright © 2017 Hill Billy visual entertainment. All right reserved.